2011/04/06

[絵] ハンブルク浮世絵コレクション展/大北斎展

前売りチケットを買っておいた「ハンブルク浮世絵コレクション展」(福岡市美術館)と「大北斎展」(福岡市博物館)を見物に出かける。浮世絵は日本画の中でも苦手なジャンルで、たとえば東洲斎写楽の役者絵にせよ葛飾北斎の名所絵にせよ以前はあまり興味のないところだったのだけど、でも肉筆浮世絵全般は別格だと思う。そんなちょっとピントのずれた見識で、しかも鉛筆を忘れていったので会場でメモがとれなかったために記憶だよりのいい加減な感想を走り書き。

ハンブルク浮世絵コレクション展(福岡市美術館 ~ 2011/5/8)

URL:http://www.fukuoka-art-museum.jp/jb/html/jb01/2010/ukiyoe/ukiyoe.html

核となるテーマが「ハンブルク美術館所蔵の」になってしまうのでしかたないけれど、全体的に散漫な印象がある。そして、紙本浮世絵では当たり前と言われればそれまでだけど、展示品が小品中心になってしまうので少々見づらい。平日に行けたからよいものの、人が多い時期に行くとストレスフルかもしれない。事前の見込みでは鈴木春信あたりが見どころかと思ったけれど、意外にピンとくるものがなく、逆に版下絵の展示あたりがいちばん面白くて予想外の収穫だった。で……ありゃ、出品リストを公開してないのか。たぶん大田記念美術館のものとほぼ同じ内容なのでこれを参考にしながら書いてみる。

【記憶に残ったもの】

  • 磯田湖龍斎『二美人』(柱絵判錦絵)
    縦長の画面の隙のない構成が見事。空間を余景として残さずきっちり埋め、それでいて無理のない構図は日本画としては珍しいんじゃないかと思う。
  • 喜多川歌麿『婚礼色直し之図 三枚続』(大判錦絵三枚続)
    かなり褪色が進んでしまっているものの、かつては華やかであったろうと思われる作品。復元した状態で見てみたい。
  • 歌川広重『東海道五十三次 庄野』(横大判錦絵)
    著名な作品。だけど、これ、雨を薄墨で表現してあるのを実物を見て初めて知ったり。面白い。
  • 歌川国芳『山海愛度図会 ヲヲいたい 越中滑川大蛸』(大判錦絵)
    猫を抱く婦人像といえば洋画では静かな印象になるものがほとんどだけど、こちらはなんとも愛嬌のあって楽しい作品。
  • 歌川国芳『誠忠義士肖像 中村勘助正辰』『同 横川勘平宗則』
    歌川国芳も時代の枠を越え気味な先駆者であったようだけど、なるほど。ポージングといいアングルといい、なんとも現代的――というか、漫画的で、あまりにも浮世絵らしくない。ゲームキャラのバストアップとしてそのまま使えそうな勢い。良い。
  • 河鍋曉斎『恵比寿 大黒』(絹本著色 双幅)
    好きな絵師の肉筆浮世絵。恵比寿様が鯛を釣り上げた瞬間を主題にするユニークさがいかにもこの人らしくて好きだ。
  • 豊原国周『花鳥と二美人』(大判判下絵)
    初見の絵師。なんともすごい完成度。

大北斎展(福岡市博物館 ~ 2011/5/22)

URL:http://museum.city.fukuoka.jp/jf/2011/hokusai.html

こちらは北斎に絞った展示。ハンブルク展に時間を使いすぎてしまったので駆け足でみるハメに。そしてよりによって肉筆浮世絵が最後の部屋にあるという……。時間がない方は1つめの部屋の研究書誌と切手と天文と現代コラボはすっ飛ばしておくのがオススメです。さて記憶に残るものと言えば……あれ、意外とない?? 『富嶽三十六景』とかは量産品の悲しさか、実物にあまり威力がないしね……。

  • 『しん板くミあけとふろふ ゆやしんミセのづ』
    絵かというとちょっと違う、切り貼りして組み立てる風呂屋の紙模型。こういう遊びが江戸時代(以前)にあると思うとなかなか興味深い。
  • 『謎かけ戯画集 下手の将棋』
    去年辺りはやったようなアレ。「雷とかけて下手の将棋と解く」。こういう遊びが江戸時代(以前)にあると思うとちょっと興味深い。
  • 『謎かけ戯画集 呉服屋の商』
    Part2.「江戸っ子とかけて呉服屋の商いと解く」。もう1枚あったんだが時事ネタだったのでパス。
  • 『なまこ図』
    なんじゃこりゃと思わず見とれてしまう作品。ふつうこんなもの扇子に書かないでしょう。
  • 『竹に昼顔図』
    こちらは真面目に見事な肉筆浮世絵。ここらへんからじっくり見る時間が……。
  • 『猿図』
    肉筆浮世絵。猿と言えばエキスパートの森狙仙を高く評価しているのだけど、これはなかなか。
  • 『赤壁の曹操図』
    肉筆浮世絵。赤壁と言えば数少ない曹操の失点のはずだけど、そう感じさせない偉丈夫さがある。

(mixi に投稿したものを移動しました)

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿